知らないと損!肌の老化には〇〇!?


久しぶりのブログ更新です






[水素水]って聞いたことがある人

または飲んだことがある人も

いるのではないでしょうか?


水素水って、味も普通の水と変わらないし、

本当に身体にいいのかなって

感じたことはないですか?


私自身水素水のことを知って

なるほどね〜!めっちゃいいやん!

ってなりました!!


女性の方は、

是非最後まで読んでいただきたい内容です☺︎



私たちが生活していると体内では

老化や病気の原因になる活性酸素

という物質が発生しています。


この活性酸素という物質を抑える

抗酸化力を持った物質を

抗酸化物質と呼びます。


水素水も抗酸化物質の一つであり、

抗酸化物質の中でも

強い抗酸化作用を持っています。


その他の抗酸化物質としては

ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・カテキン・コエンザイム

がありますが、

これらの物質の

100倍以上の抗酸化力を持っています



中にはそんな強い抗酸化力があると

良い活性酸素にまで反応するのではないか。

と思った方は鋭いです!

でも心配しなくても大丈夫です。


そのとおり活性酸素には

善玉活性酸素悪玉活性酸素に分かれ

善玉活性酸素

細菌やウイルスから身体を守る働きがあり、

悪玉活性酸素

細胞を攻撃し老化を促進します。


しかし水素は、善玉には反応せず

悪玉活性酸素のみを取り除いてくれます

(なんて頭のいい物質なんだ!!笑)

(👇下図参照)




年齢を積み重ねていくと避けて通れないのが、

シワ・たるみ・シミ

などの肌に関する悩みですよね。

活性酸素はこのような肌の老化にも

影響をもたらすと言われています。



原因としては

コラーゲン

(皮膚の表皮や真皮を構成するタンパク質)

ヒアルロン酸

(肌の保水力を保つ分子)

エラスチン

(コラーゲンの繊維を支える弾性繊維)


などが

活性酸素により働きが弱ってしまう

からです。



私たちの皮膚の構造は

コラーゲンという網がありその網の間を

エラスチンという糸が紡ぐことによって

肌の潤いやハリを保っています。

(👇下図参照)




しかし活性酸素が増えることで

コラーゲンの生成が抑制され、

保水力が低下し、

肌の潤いやハリがなくなってしまいます



シミができるメカニズムは、

紫外線を浴びることによって、

紫外線から皮膚の細胞を守らないと

という防御反応により

表皮にあるメラノサイトという細胞の

チロシナーゼという酵素が活性化され

メラニン(紫外線から細胞を守る働きがある)

を形成します。

(👇下図参照)



通常は皮膚のターンオーバーにより

メラニンを含む細胞も剥がれ落ちますが、

長年紫外線のダメージを蓄積してしまうと

メラニンが肌の中にたまってしまうのです。


そして肌の中にたまってしまった

メラニンの量が多いと皮膚が黒く見えます



活性酸素

メラニンが生成される過程の

チロシナーゼを活性化し、

メラニンの過剰な増幅を及ぼし、

シミの原因になると考えられています。



よって普段の飲料水を

水素水に変えてあげることで、

体内の水分を保つだけではなく、

活性酸素を取り除くことができて

美肌効果も期待できるんです。


女性にとっては嬉しいですよね


「本当に効果あるんか〜

と思っていましたが、

こんな効果を知ると

日常生活に取り入れたいって思いますよね



参考URL:https://bit.ly/38qKBIF

閲覧数:87回0件のコメント